ごあいさつ

訪問看護ステーション六十谷

初めまして、「訪問看護ステーション六十谷」訪問看護部長の依田美香と申します。

私は医療現場で約20年急性期・手術室看護師として従事していく中で、超高齢化といった社会問題に対し、自分にできる社会貢献は何かと考えていました。

そんな中、病院勤務では、退院後の患者様を地域サービスへとバトンを渡す役割を担い、弊社では、デイサービス総括責任者として病院からのバトンを受ける役割である地域介護サービス提供を担ってきました。

その両方の立場を経験する事で、医療・介護の架け橋が最も重要だと痛感してきました。

そこで、この知識と経験を活かし医療・介護の架け橋こそが、自分にできる社会貢献の1つと考え〝かゆい所に手が届く″をスローガンに訪問看護を提供させて頂くこととなりました。


また、訪問看護ステーション六十谷は、「家族の一員として、寄り添います」を基本理念に掲げ、ゆりかごから旅立ちの時までその人を尊重し、暮らしを紡ぐ事を大切に考えています。「その人の思い」「幸せ」「人生」「命」など、貴重なもの、目に見えないものを一つにつなげられるような暮らしをサポート致します。この強いサポート力と豊富な知識・技術を最大限に活かし24時間・365日〝かゆい所に手が届く″より質の高いサービスの提供を目指していきます。

お問い合わせ・ご予約はこちら
  • 坂井接骨院
  • デイサービスセンターつばさ
  • エイル整骨院
  • 訪問看護ステーション六十谷
このページの上部へ