捻挫・打撲・挫傷・肉ばなれ・脱臼・骨折

捻挫

一般には関節周囲の骨以外の組織が傷んだ状態を言い、人体各々の関節には可動域(関節の動く範囲)がありますが、転んで手を強く突いたり足や腰などを捻った際に、 それぞれの関節が可動域を超え、じん帯、筋、腱等が異常に伸ばされたり、傷ついたりすることをいいます。内出血を伴い強く腫れ上がる場合もあり、関節使用時には痛みを伴います。

打撲・挫傷

衝突や転倒などの強い衝撃によって、筋繊維や血管が損傷した状態です。軽度の打撲であれば打った部分を圧迫したときに痛みを感じる程度ですが、中等度以上になると患部が腫れたり、熱感のある痛みを伴ったりします。

肉ばなれ

筋肉が収縮している時に、正反対の伸ばされる力が加わることによって起こる筋肉の断裂です。スポーツ中に多く起こります。断裂部の圧痛と運動時の痛みが主な症状で、断裂部では陥没を触知できることがあります。受傷して3日ほど経過すると、皮膚表面に内出血が現れることがあります。

脱臼

関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失っている状態です。 子供が転倒したり、親が腕を引っ張ったときに肘関節で亜脱臼を起こしたり、スポーツでの激しいコンタクトで肩が抜ける肩関節脱臼などが多いです。 靭帯や軟骨、骨が損傷を受ける為、骨を正しい位置に戻しただけでは治らず、ギプスでの固定や手術が必要な場合もあります。

骨折

骨折の治療法には、手術をして骨折の処置をする観血療法と手術を行わないで骨折の処置をする無血療法の2通りがあります。柔道整復師が行うのは無血療法です。骨折して、骨のズレがひどかったり、骨を元に戻しても骨の安定性が悪かったり、無血療法ではどうしても元に戻せないような骨折は、手術の対象になります。

お問い合わせ・ご予約はこちら
  • 坂井接骨院
  • デイサービスセンターつばさ
  • エイル整骨院
  • 訪問看護ステーション六十谷
このページの上部へ